派遣アルバイトと職業紹介所ってなにが違うの?

派遣アルバイトと職業紹介所を同じものだと考えている人も少なくないと思いますが、厳密には違うんです。大きな違いは雇用形態にあります。意外と知らない派遣と紹介の違いについてまとめてみました。
MENU

派遣アルバイトと職業紹介所の違いについて

 

 

派遣アルバイトと職業紹介所の違いについてご紹介します。派遣アルバイトと職業紹介所の大きな違いは雇用形態にあります。

 

派遣アルバイトでは、人材派遣会社とアルバイトが直接雇用契約を結びます。そして、アルバイトは派遣スタッフとして派遣先の会社で働くことになるのです。つまり派遣アルバイトの雇用主は派遣先の会社ではなく人材派遣会社ということになります。

 

給与も人材派遣会社から支払われることになります。もし仕事内容や給与の面で問題が発生した場合は、雇用主である人材派遣会社に相談しなければなりません。

 

一方、職業紹介所は人材を募集している企業にアルバイトを紹介します。人材派遣会社とは異なり、紹介されたアルバイトは職業紹介所と雇用契約を結ぶのではなく、採用された企業と雇用関係を結ぶのです。

 

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

派遣アルバイトのメリットは、勤務地や勤務日を自由に選択することができることです。学校が忙しいときも、空いている時間に仕事を入れることができます。

 

一方デメリットは、安定性がないということです。「派遣」という扱いですので、一時的な人員として見なされる場合もあり、昇給もあまり期待できません。また、派遣先企業の業績が悪化すると、突然契約を打ち切られる恐れがあります。

 

職業紹介所を利用するメリットは、フォーローがしっかりとしている点です。履歴書の書き方から面接後のフォローまでしっかりとアドバイスしてもらえます。さらに、自分に合った職種や求人情報に掲載されていない求人を紹介してもらえるので、採用後も安心して働くことができます。

 

一方デメリットは、仕事を全く紹介してもらえない可能性もあること。派遣に比べると求人数は少ないので、自分に合った仕事が見つからない可能性があります。やはり、どうしても人材派遣の方がメジャーなので仕方がない部分はあります。

 

ですが、職業紹介所の数は年々増えており、求人数も充実してきています。「自分に合ったアルバイトがしたい!」「スキルアップしていきたい!」と思っている方は、職業紹介所を利用されてはいかがでしょうか?

 

バイトを始める前に準備しよう!履歴書の正しい書き方

このページの先頭へ