ブラックアルバイトの見分け方

アルバイトをする時に注意したいのが「ブラック企業」に面接に行ってしまうことです。いわゆるブラックアルバイトと呼ばれるものです。ここでは、その見分け方を説明しています。
MENU

ブラックアルバイトはこう見分けろ

 

ブラックアルバイトというものをご存知ですか?ブラックアルバイトとは違法性のあるアルバイトのことです。最近、ブラック企業というものが世間を騒がせていますが、そのアルバイト版と考えてもらって良いでしょう。

 

ブラックアルバイトは特に学生の間で話題になっており、ブラックアルバイトにより学業に支障をきたしてしまう学生も数多く存在します。

 

学生は本来学業を優先させなければなりません。しかし、ブラックアルバイトによって、授業に出れなくなったり、シフトを強制的に組まれたり、過度なプレッシャーを与えられたり、と学業が疎かになってしまう恐れがあり、かなり問題視されています。

 

ブラックアルバイトは絶対に避けなければなりません。ではどうすればブラックアルバイトかそうでないかを見分けることができるのでしょうか?以下の4つがブラックアルバイトを見分けるポイントです。

 

 

求人を頻繁に見かける

 

求人誌を見ると、頻繁に募集している求人が目につきます。これらの求人は従業員の定着率が悪く、離職率が高いものである可能性が高いです。人がすぐに辞めてしまうので、常に募集をしているというわけです。

 

 

甘い謳い文句が目立つ

 

ブラック企業はよく「未経験者歓迎」「誰でも簡単にできる仕事です」「スタッフはみんな仲良く働いています」など、甘い言葉で応募者の気を引こうとしています。

 

しかし実際は、人がなかなか集まらない、すぐに従業員が辞めてしまうという理由から、このような甘い謳い文句で、誰でもいいから入れようとしているのです。

 

甘い謳い文句を使っている全ての求人がブラックというわけではありませんが、過度に甘い言葉を使っている求人は注意したほうがいいでしょう。

 

 

面接の雰囲気が悪い

 

面接官が上から目線で罵声を浴びせてきたり、横柄な態度を取るようなところはブラックアルバイトである可能性が高いです。きちんとしている企業は応募者に紳士的に対応するものです。

 

 

雇用条件が不明確

 

時給、勤務日数、残業の有無など雇用条件が不明確なところは注意しましょう。特に学生の場合は、授業や試験に合わせてシフトを調整してもらわなければいけませんので、不明確なことがあれば絶対に確認しましょう。

 

もし質問をしても曖昧な回答しかしない場合はブラックアルバイトの可能性が高いです。

 

 

ブラックアルバイトは人手が集まらない、人がすぐ辞めてしまうような企業が募集していることが多いです。一度入ってしまうと、なかなか辞めさせてもらうこともできず、あなたの生活に支障をきたします。安易な気持ちで応募するのではなく、しっかりと下調べをして応募するようにしましょう。

 

バイトを辞めたくなった時のスムーズな辞め方ってどんなの?

このページの先頭へ