バイトの面接で好印象を与えるトーク術教えます

バイトの面接は誰でも緊張してしまうものです。うまく話せなかったらどうしようなどと考えてしまうと余計に失敗してしまうもの。そこで、バイトの面接で面接官に好印象を与えるトーク術をご紹介します。
MENU

バイトの面接で好印象を与えるトーク術

 

 

バイトの面接で好印象を与えるトーク術をお伝えします。

 

1.抑揚をつける

 

どんなに素晴らしい内容を話していても、棒読みでは平凡な内容に聞こえてしまいます。これでは面接官の心を惹きつけることができません。

 

話で特に強調したいところを大きな声で言うなど、抑揚をつけましょう。また、身振り手振りを加えて話すと、相手に強い印象を与えることができますよ。

 

 

2.ハキハキと話す

 

ハキハキと話すと、面接官に「この人は自信があるんだなぁ」と好印象を与えることができます。また、自分自身もハキハキ話すことで自信がつきます。

 

 

3.面接官の目を見て話す

 

最近、相手の目を見て話すことができない人が多くなってきました。親しい友人が相手ならそれでも問題ないかもしれませんが、相手が面接官となると別です。目を逸らしたまま話すと面接官の印象も良くありません。

 

また、相手の目を見て話すことで、「相手に伝えたい」という思いが湧き上がってきます。すると、緊張や不安など、余計な考えが消えて、自分の考えをしっかりと伝えることができるのです。

 

 

4.間を置いて話す

 

一気に話してしまうと面接官の頭に内容が残りません。しかし、間を置いて話すことで、面接官がこちらが話す内容を整理することができます。

 

また、自分自身も間をおくことでリラックスした気分になり、スムーズに話を進めることができます。

 

 

5.無駄な言葉は使わない

 

「あ〜」「え〜」「えっと」など無駄な言葉を多用すると社会人としての常識が無いと思われ、面接官に悪印象を与えます。たとえアルバイトと言えども、お金をもらって働くということは立派な社会人ですので、無駄な言葉は使わないようにしましょう。

 

もし、癖で普段からよく使ってしまっているなら、面接に備えて普段の生活で使わないよう習慣づけておきましょう。

 

 

以上が、バイトの面接で好印象を与えるトーク術です。もし自分の話術に自信がないなら、普段から上記5つを意識して友達や家族と会話してみてください。友達に面接官役をやってもらって練習するのもいいですよ。

 

島根大学に通ってる方におすすめのアルバイトとは?

 

松江市の職業紹介所トラストホテル・ブライダルサービスの評価

 

 

このページの先頭へ