バイトを辞めたくなった時のスムーズな辞め方ってどんなの?

何かの事情でバイトを辞めたくなることもあるはずです。でも、辞めるときに会社と揉めるのは誰でも嫌ですよね。そこで、ここではバイトをスムーズに辞めるための処世術をご紹介します。
MENU

バイトを辞めたくなった時にスムーズに辞める方法

 

 

バイトを辞めたくなった時、どのようにすればスムーズに辞めることができるのでしょうか?バイトのスムーズな辞め方についてお伝えします。

 

 

最低1ヶ月前には伝える

 

法律では退職届けを出してから2週間経過すれば辞めれることになっています。しかし、企業側としてはシフトの調整や引き継ぎ、新たな人員確保などをする必要がありますので、最低でも1ヶ月前には伝えておきましょう。

 

どうしても早く辞めたいと思っている場合でも、絶対に2週間という期間は守って下さい。裁判沙汰になるなど、後々面倒なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

また、給与の締め日に合わせて辞めると、企業側にとってはありがたいことです。給与の計算が楽になりますからね。給与の締め日は企業によって異なりますので、わからない場合は前もって確認しておきましょう。

 

 

上司に直接伝える

 

店長、工場長、部長など、あなたにとって上司に当たる人に直接伝えて下さい。もちろん、対面で直接伝えます。

 

「言いにくい」「怒られそう」などの理由で、電話やメールで済ませようとする人も多いようですが、それはダメです。直接使うのが礼儀です。

 

 

辞める理由・日にちを明確に伝える

 

辞める理由が曖昧であったり、いつまでに辞めなければならないかをハッキリ伝えないと、辞めさせてもらえず、ずるずると先延ばしになってしまいます。「○○日までにこういう理由で辞めたいのです!」というふうに、辞める理由といつ辞めたいかをを明確に伝えましょう。

 

ただ、バイトを辞めたい人の中には「今の仕事が嫌で仕方ない」「バイト先の人間関係が辛い」「上司が嫌い」など、ネガティブな理由で辞めたい人もいるでしょう。

 

そんな時は、「学業に専念したい」「サークルが忙しい」「就職活動を始める」「親にバイトを辞めるように言われている」など、言い訳を用意しておきましょう。馬鹿正直に辞める理由を伝える必要はありません。

 

 

以上がバイトをスムーズに辞めるための方法です。必ず上記3つは守るようにしましょう。

 

派遣アルバイトと職業紹介所ってなにが違うの?

このページの先頭へ